「ほっ」と。キャンペーン
クライミングジム 「ロマノフ」
~福島県喜多方市字清水台2丁目72~
第9回次いけるコンペ2
7時を過ぎるとわらわらと集まりだす
第9回いける!いける!次いける!カップの参加者たち


オープン

実力でほかを引き離すシュウヘイくんにヤスくん、ホシくん、オノくん、タケルくんが襲いかかる。1ラウンドでの点差をおさえ、長課題で逆転をもくろむ。

「あれ、今日、コンペだっけ?」・・・・・・・・シバタ降臨

一転、シュウヘイくんも襲う側へ。

課題には点数が付けてあり、その合計を競う。オープンのみ「ドクロ課題」落ちると-10点が4課題あり。

時間的に全課題は登れないと判断し、シバタさんは高得点から一撃ラッシュ。それに追随する者、課題により見切る者。
結果、シバタさん、1050点とダントツ。高得点狙いのヤスくん、中間の課題にすら目もくれず、結果K点3つの45点、ある意味男らしい。

2位との差、365点、手数にして37手、完登ボーナス入れれば、逆転はある。
2回戦の長課題は左のかぶった壁を一回りして、垂壁、薄っかぶり通って、ルーフ一周、出てきてゴールと超ロング。内容は、出だしをピリッと辛くして、上位が引っかかれば波乱あり!みたいに設定したんですが、ピリッとくる部分にチビネロ入れたつもりが、デビルズリベンジ?
シバタさん以外、そこで落ちてしまったとさ。


ミドル

本命なき激戦区、激しい戦いとなったミドルクラス、優勝の行方も気になるが、タキグチvsタカハシの師弟対決からも目が離せない。
力的には登れても、少ないトライで完登し、多くの課題をかたずけなければならず、その点で一歩抜け出たオノデラくんが一位通過。2位は同点でタキグチ、タカハシが並び、勝負は長課題へ。

4人目まで薄っかぶりには入るが、そこからルーフに降りることができない。5人目のタカハシくん、薄っかぶりで身体が離れながらも持ちこたえ、なんとかルーフ壁に移ろうとするが、最後は2手とばしてデット!!残念ながらタッチで終了(到達高度は保持したところまで)。6番手、タキグチくん、負けるわけにはいかないと気負ったか、垂壁から移るところで、ドハマリ!タカハシくんに2手届かず・・・・タカハシくんの2カ月減給が決まった瞬間であった(うそ)。最後に登場のオノデラくん、コンペに向けて調子を整えてきたのか、ただ一人ルーフの下まで到達、文句なしの優勝でした。

ビギナー
急遽出場のワタナベさん兄弟。最近、忙しくて来れないのかな~などと思っていましたが、なんか強くなってるんですよね!長課題はミドルのフラッシングでしたが、みんなと同じところまでいってましした。こりゃプライベートウォール完成してんな。


参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
今回はいつもより人数が多く、時間がかかってしまいましたが、次回は工夫してよりよく進行するよう調整しますので、またよろしくお願いします。
[PR]
by romanovtogo | 2006-10-23 17:46 | ロマ出来事
<< 24日(火) 盛況 第9回 行ける!行ける!次ぎ行... >>

ホームページ制作